アンダーヘアを整えて性病感染予防をしよう

性病を持っているパートナーと性交をしてしまうと、かなりの確率で感染してしまう可能性があります。
性病は精液や膣分泌液、血液などが粘膜に接触することによって感染します。
ですから不特定多数のパートナーと性交をすることは性病のリスクを高めてしまうといっていいでしょう。
また女性の場合は性交をしていなくても性病になってしまう可能性があります。

基本的に性病というのは不潔な環境によってカビやウィルスなどの病気の原因である病原体が繁殖してしまうことによって発症してしまいます。
すべての性病がそうだとはいえませんが、女性の場合は月に一度整理があり出血などをしてしまいます。
その時にナプキンやタンポンなどを汚れたままにしていると雑菌が繁殖してしまって病気が発症してしまう可能性があるのです。
ですからできるかぎり取り替えるなどして清潔に保つようにしましょう。

また蒸れたりするのを防ぐためにはアンダーヘアなどを剃るなどしてむだ毛の処理をしているとリスクを軽減することができます。
アンダーヘアを剃るなどしてしっかりと処理して、シャンプーなどを利用して毎日きれいに洗うようにしていれば病原体が増えるのを予防することができますし、感染予防にもつながります。

性交をする時に膣に挿入するときには、どうしても陰毛が触れ合ってしまいます。
陰毛同士が接触することによっても感染してしまうものもあるので、アンダーヘアを剃るなどして処理しておくことは予防になるのです。
それから男性が挿入するときにはしっかりとコンドームを使ってもらうようにしましょう。
粘膜同士の接触や陰毛同士がくっつくことがなければ病気を持っていたとしても感染のリスクを減らすことができます。

清潔にしておくことが大切だと前述しましたが、女性の側だけでなく、できれば性交の前には男性にもきちんと陰毛をシャンプーで洗うなどして清潔な状態にしてもらうのが大切になります。
親しいパートナーならば女性のアンダーヘアだけでなく、男性のムダ毛も処理してもらうのが良いのではないでしょうか。
とにかく清潔にしておくことが性病の感染を予防する基本になります。

性病は片方だけが気をつけていてもなかなか防ぐことができません。
ムダ毛の処理や挿入するときにはコンドームを使用するなど粘膜同士や陰毛同士ができるだけ接触しないように気をつければ、感染のリスクを減らすことは可能です。日頃から予防についても意識しておくとよいでしょう。

アンダーヘアを清潔に保てば性病の感染予防ができる

女性はどうしても生理の時には膣周辺が蒸れやすくなってしまいます。
アンダーヘアも蒸れて湿った状態が続いてしまえば、雑菌なども増殖しやすくなってしまうのでできる限り毎日シャンプーなどを利用して洗い、清潔に保つようにしましょう。

性病は性交をした時にだけ感染すると思われがちですが、女性の場合に限り生理などで出血したままにしておくと思わぬ病気になってしまうことも考えられます。
タンポンやナプキンを忙しいからと変えなかったりすると一日でも信じられないくらい雑菌が増殖してしまう可能性があります。
女性の膣はそのまま粘膜ですから、粘膜から病原菌が侵入して病気になってしまうことが考えられるのです。

またケジラミなどの性病は陰毛をとおして感染してしまう病気です。
アンダーヘアのムダ毛を剃ることによって感染するリスクを減らして予防にもなります。
欧米などでは女性がアンダーヘアの処理をしているのは性交をするうえでのエチケットともいわれているくらい大切なことです。
見た目的にもちゃんとアンダーヘアの処理をしているというのは女子力をアップさせることにもつながるのではないでしょうか。
とにかく清潔にしておくことを心がけるようにしましょう。