コンドームで性病感染を100%防ぐことができるのか

性病は様々な種類があり、その感染経路も数多くあります。
また中には感染力の強いものもあるため、より安全に行うにあたり以下にそのリスクを抑えることが出来るかが重要となります。
その方法もいくつかありますがコンドームによるリスク回避も可能なことがあります。

コンドームを使用して感染予防が可能な性病に関して、その多くは粘膜からの感染によるものです。
性交渉の際、そのまま行ってしまうと互いに粘膜同士が接触してしまいます。
粘膜には少なからず体液が含まれており、それが体内に吸収されることで引き起こってしまうことがあります。
また性病の中でも性器部分にのみ問題があることもあります。
そのためコンドームを使用することでその部分から粘膜を保護することにより感染を予防することが可能となります。

しかしコンドームを使用することで感染を確実に防ぐことが出来る保証はありません。
性交渉の過程の中で使用しているものが破損しまうケースもあります。
商品自体は非常に薄いゴム一枚での構造となっているため、耐久性に富んだ商品でも破損の可能性はあります。
また適切に使用しても摩擦や爪が当たって避けたりなど何かのきっかけで破損は十分にあり得ると言えます。

コンドームが破損してしまうと液漏れが起こってしまいます。
精液中にも感染する菌は含まれていることもあります。
そのためその結果として男性側は女性に対して行為中に液漏れを起こして女性に感染させるリスクを高めることと、互いの粘膜が接触してしまうためさらにリスクは高くなります。
そのためコンドームを使用しても感染予防の効果は高まりますが、その成果は不確実といえます。

また性器での行為以外にもキスやフェラ等から感染する事もあります。
口腔内も粘膜組織となっており、感染者の体液を取り込んだり接触してしまうことでも引き起こしてしまいます。
またキスやフェラはコンドームのように粘膜を保護する方法もないため感染力は高くなります。
特にキスやフェラを日常的に行ってい場合はその可能性を高めてしまいます。

性交渉の際にコンドームを使うことで性器による接触とその部分からの菌の吸収を防ぐことは出来ます。
しかし破損してしまい液漏れを起こすケースもあるため不確実と言えます。
また性器同士の接触以外でも他部位の粘膜からの感染や体液を取り込むなど様々な経路があります。
そのためコンドームのみでは感染予防は不確実であり、他にも注意して性交渉を行う必要があります。

コンドームの使用方法を間違えると感染リスクが増す

コンドームは適切に使うことで性病の蔓延を防いでくれます。
また強い感染力を持つものであっても粘膜を保護し、液漏れも防ぐことが出きるため効果は大きいと言えます。
しかし謝った使用方法をとってしまうとリスクを増してしまいます。それは使用するときの扱い方です。

コンドームを装着することでその部分を保護できます。
しかし装着するときにすでに手に菌が付着していると、その接触面から感染を引き起こしかねません。
また菌の多くは密閉空間や加湿状態で繁殖しやすい傾向にあります。また装着しているとき、コンドームと性器密着して菌の繁殖しやすい状態と言えます。
そのため扱い方を間違えることでかえって感染力は多分を高めてしまうというリスクも存在しています。

また装着時間が長いこともリスクとして挙げられます。
菌は時間が経つにつれて繁殖していき、それに合わせて感染力と高まることがあります。
多くの方は性交渉が終わると取り外す人が多いです。しかし中にはそれを手間に感じたり、そのまま再開してしまう人もいます。
その状態ではコンドームを介して菌が接触し続けているため、非常に危険と言えます。
適切に使うことで感染リスクを下げることは出来ますが、使用方法を間違えることでリスクを高めるため、気を付けなくてはなりません。