ニゾラールクリームが効果のある性病とは

有名な真菌の一種であるカンジダ菌が性器に感染することで発症するのが性器カンジダという性病です。
この性器カンジダという性病は女性に発症することが多い性病で、カンジダ膣炎とも言います。
カンジダはもともと性器周辺に存在している常在菌で、体調の悪化やストレスなどで免疫力が低下した際にも発症します。
真菌のカンジダ菌により発症するカンジダ膣炎の症状は、性器周辺が炎症が起きて赤くなり強いかゆみもあります。おりものもヨーグルト状や塊のどろっとした状態になります。
カンジダ膣炎は、軽い症状の場合は自然治癒することもあります。軽度の場合は免疫力を高める生活をすることが大切で、栄養バランスの整った食事や質の高い睡眠、適度な運動などで生活習慣を見直すことも必要です。
また、菌の繁殖を防ぐためには綿100%などの通気性のよい下着をつけることも必要なことです。

自然治癒しない場合もあります。この場合、性器周辺にかゆみがあり性器周辺の炎症が重症の場合は病院での治療が必要です。
治療の他にも生活習慣や食生活の見直しなども合わせて行なう必要があります。
病院での治療は、真菌に効果を発揮するケトコナゾールが配合されている塗り薬などが処方されます。
約1週間程度薬を使った治療を行ない、効果がない場合には他の治療も追加されます。
カンジダ膣炎は、カンジダ菌という真菌によって起こる膣炎です。
性病とはいっても性行為だけで感染するものではなく、常在菌として性器周辺に存在しているカンジダ菌がホルモンバランスの変化や免疫力が落ちてしまうことで異常に増殖して引き起こされるものです。
女性であれば誰でも発症する可能性があり、再発することも多い疾患です。

症状も主なものはおりものの異常と性器周辺や膣内のかゆみです。
おりものはヨーグルト状や酒粕のような状態になることが多く色も白色や黄緑色をしており、再発した際には気付きやすい疾患でもあります。
軽度であれば自然治癒の可能性もありますが、おりものが多量になったり、外陰部に強いかゆみがある場合などは早めに病院で治療をすると良いです。
病院での治療は、カンジダ菌を抑えるために抗真菌薬の錠剤を膣の中に入れて治療します。
性器周辺のかゆみには抗真菌薬の塗り薬を使います。
このかゆみにステロイドや市販の痒み止めを使うと悪化することがあるため、自己判断して塗り薬などを使うことは避け、医師に処方された塗り薬を使うようにします。

真菌に対して効果を発揮するニゾラールクリーム!

カンジダを治療する薬にニゾラールクリームという塗り薬を使用します。
ニゾラールクリームにはケトコナゾールという成分が配合されており、真菌を殺菌する作用のある真菌薬です。
ニゾラールクリームは白い塗り薬で、殺菌作用があり性器周辺のかゆみを抑えるために塗ることができますが、副作用として塗った際に軽く刺激を感じることがあります。

副作用は殆どない塗り薬ですが、治療で使う際には医師の指示に従って使います。
万が一、眼に入った場合にはすぐに水かぬるま湯で洗い流します。

ニゾラールクリームは水虫や脂漏性皮膚炎の治療にも使われることがあります。
また、ニゾラールクリームはケトコナゾールが配合されており、高い殺菌作用が期待できるためニキビの改善にも使われることがあります。
ニキビの改善のためにケトコナゾールが配合されているニゾラールクリームを使う場合には副作用として肌が弱い場合には荒れることもあるため注意が必要です。

ニキビの改善治療にも使われることがあるニゾラールクリームはもともとは真菌のカンジダを治療するため高い殺菌作用がある塗り薬です。
真菌に対して効果を発揮するニゾラールクリームでカンジダは改善することが期待できます。