男性に多い梅毒感染!その症状と原因とは?

梅毒は歴史上非常に古くから認知されている代表的な性病の一種です。
感染の原因としてはオーラルセックスを含む性行為による感染が最も多いものの、母子感染、輸血感染といったケースもないわけではありません。
ただ他のウイルス性感染症のように原因となる梅毒トレポネーマキャリアとの接触、例えば握手やトイレ・浴場・食器の共有などで感染することはないため、その点については特に問題ないと思ってよいでしょう。
その症状は大きく4期に分けることができ、3週間ほどの潜伏期間を終えた後の初期段階は第1期、病状が悪化するに連れて最終的に第4期まで到達する形になります。
ではその具体的な症状としてはどういったものがあるのかというと、まず第1期において特徴的なのは原因となる梅毒トレポネーマが侵入した部分にしこりができることです。
大きさとしては数センチほど、大きくとも大豆程度のサイズであることが多く、性器や肛門、口などにこういったしこりができた場合には感染を疑うことができるでしょう。
ただ痛みを伴うことがほとんどないため、ただのできものとして見落とされることも多いです。

次に第2期ですが、症状としては感染後3か月から3年にわたって全身のリンパ節の腫れや発熱、関節痛、倦怠感、脱毛、全身に起きる発疹といったものがあらわれ始めます。
脱毛・発疹は特徴的であるもののそのほかの症状は風邪に非常に似ており、一時的に症状が出てその後回復するということが繰り返されるため、もし風邪と並行して脱毛や発疹が現れた場合には検査を受ける必要があります。
続いて第3期ですが、これは感染後3年から10年ほどで起きる症状となっており、皮膚の下に結節性梅毒と呼ばれる大きなしこりやゴム腫と呼ばれる大きなこぶができます。
これは梅毒の非常に特徴的な症状であるうえに極めてわかりやすい症状であるため、発見が遅れたとしてもこの段階で病院を受診する人が大半でしょう。
実際完治させる方法がなかった昔であればいざしらず、現代の日本であればここまで悪化する前に治療が行われるケースが大半です。

さて、では第3期を超えて第4期になるとどうなるのかですが、ここまで悪化すると脳や脊髄の機能が破壊される、心臓血管系が破壊される、臓器に腫瘍が作られて機能不全を起こすなどの致命的な症状につながってきます。
現代でこそただの性病の一種で治療可能なものとみなされていますが、1940年代に世界初の抗生物質であるペニシリンが普及するまでは第4期に至る前の治療が難しく、死亡率が高い極めて危険な病気とされていました。
現代では性病としての恐ろしさはあまり認知されていませんが、放置すれば死に至りかねない極めて危険な性病として知っておく必要があるでしょう。

梅毒になったら医療機関へ駆け込みましょう

もし梅毒ではないかと疑えるような症状が男性に発生した場合、必ず医療機関で検査を受ける必要があります。
現在の男性における梅毒感染検査としては血液を採取して血液中に梅毒の原因菌である梅毒トレポネーマに対する抗体が存在するかどうかで判別するTP法と呼ばれる方法が行われています。
なので医師の前で性器を出さなくてはならない、自慰をして精液を提出しなくてはならないといったことはありません。

また仮に検査で陽性反応が出たとしてもそこまで落ち込む必要はなく、症状がまだ軽い段階であれば薬を用いた改善が十分に可能です。
使用される薬としてはペニシリン系の抗菌薬が主となっており、感染後の第1期であれば長くとも一か月程度の投薬で完治が見込め、初期段階で治療・改善ができれば男性機能への直接的な後遺症などもほとんど報告されていません。
そのためもし梅毒ではないかと疑えるような症状がみられた場合にはなるべく早く医療機関へ駆け込み、適切な検査と治療を受けるようにしてください。

ただし一番大切なのは医療機関で検査を受けることでも治療を受けることでもなく、予防をすることであるのは言うまでもないでしょう。
そもそも性病というのは大半が自然発症しないものであり、何らかの原因があって生じる病気です。
原因があるのなら予防ができるのも当然のことですし、梅毒については性行為が原因となっていることが大半です。
ですので不特定多数の異性とは肉体的な関係を持たないこと、性行為をする際にはなるべく直接接触しないようにコンドームなどの避妊具を使うこと、これらを予防策として徹底し、もしできていないのであれば性生活の改善をこころがけることをお勧めします。