細菌を殺菌する効果を持つジェネリック医薬品のアジー

性交渉によって細菌に感染してしまうことがあります。
性交渉によって感染する病気は一つだけではありませんが、代表的なのが淋病です。
他にもクラミジアなどは感染しやすい性感染症です。
淋病は発症すると尿道炎を起こし、その炎症の為に尿道内が狭くなってしまう病気です。
病原菌は淋菌です。
一般的に淋病のような激しい尿道炎を起こす性感染症に対して使われるのが、マクロライド系と言われる抗生物質です。
マクロライド系の抗生物質は性感染症に限らず、様々な細菌に有効なため、マクロライド系の抗生物質は幅広く登場します。
中でも代表的なのがジスロマックという薬です。
作用としては細菌の増殖を抑えながら自己免疫で治療していく方法ですが、一度の使用量を増やして高濃度で使うと殺菌作用を得ることができます。
長い時間効果があり、一度使うと数日に渡って効果を発揮します。

ジスロマックは有効な薬なのですが、やはりジスロマックにも副作用はあります。
下痢や吐き気を起こす場合があります。
しかし抗生物質の中でもこのジスロマックの安全性については、副作用の量と内容が他の抗生物質に比べて少ないことで安全性に対しても信頼があります。
しかし強い抗生物質であることに変わりはありませんので、安全性を理解したうえで使うことが必要です。
治療は男性の治療と女性の治療は同じで高濃度の使用を1から2回使用して殺菌効果を得て治療していきます。

ジスロマックを使う際には同時に胃薬を併用することで副作用を抑えます。
淋菌をはじめとする細菌による感染症はここ数年で多くなっていますが、性感染症に関しても、患者数が減らないのが実情です。
細菌に感染してから発症するまでの時間には個人差があり、免疫力の個人差によっても発症のタイミングは異なります。
それは自己免疫力によって菌の増殖が抑えられているからであり、それまでは自分が感染しているかどうかは検査が必要です。
男性の場合も女性の場合も、自覚症状が出るまではわからないので、知らない間にパートナーに感染させてしまっている場合もあります。
治療に関しては、男性と女性どちらかではなく、男性も女性も双方の治療が必要になります。
受診するには男性の場合は泌尿器科もしくは性病科、女性の場合は泌尿器科か婦人科もしくは性病科を受診して治療することができます。
早期に発見し早期に治療すれば、症状の進行や悪化を最小限にし、防ぐことができます。

安価で性病に効果のある治療薬ならアジーがオススメ!

最近では抗生物質でもジェネリック薬品の使用が検討されるようになってきました。
ジェネリックとは、医薬品メーカーが開発し販売してきた薬の特許期間が終了したのち、別の医薬品メーカーが同じ有効成分で同じ製法で販売した薬のことを言います。
ジェネリック薬は新薬より安価で手に入れることができますが、効果は同じなので特に問題ありません。

淋病に使う抗生物質についても、アジスロマイシンを含むアジーという抗生物質もジェネリック薬品で使うことができます。
アジスロマイシンもマクロライド系の抗生物質に分類されるので、治療の際にアジーを使う人もいることでしょう。
ジスロマックとアジスロマイシンのアジーでは同じ効果を期待できますので、特に処方される際には心配はないでしょう。
一度治療が完了したとしても、再感染の恐れがありますので、時には用心しておくことが必要です。
自覚症状が無い感染症になりますので、必要な時には定期的に検査を行っておくと良いでしょう。
症状がひどくなってから気が付いたのでは強い薬を必要としますので、体に大きな負担をかけます。
自分のタイミングが合えば、なるべく継続的に検査に行くことで、感染症の恐れなく安心して日常を暮らすことができます。